掃除の手順(天井埋め込みタイプ)

飲食店やショップなどでよく見かける天井埋め込み型のエアコンは、近年自宅に使用している方も多くなっています。
壁掛けタイプよりも特にお手入れが難しいとされているため、よりプロのクリーニングが必要になってきます。
天井埋め込み型のエアコンクリーニングの手順は、以下のようになります。

1.分解

天井が汚れないようにあらかじめ養生を施し、丁寧に分解していきます。

2.ほこりを除去

熱交換器に付着しているほこりを専用の掃除機でしっかりと吸い上げ、汚れを取り除いていきます。
また、内部のアルミフィンやシロッコファンなども専用機材を使って徹底的に洗浄していきます。

3.内部クリーニング

熱交換器を専用の薬剤を使ってクリーニングしていきます。
防カビや抗菌処理もここで行います。

4.部品の洗浄

本体カバー、送風ファン、フィルターを専用の薬剤を使って丁寧に洗浄していきます。
しつこい汚れには専用のブラシを使ってこすり落としていきます。

5.拭きあげ

外装パネルをきれいに拭きあげていきます。

6.組み立て

部品をきちんと組み立て、最後に試運転による動作確認を行います。


壁掛けタイプより価格が高くなりますが、大型であるぶん汚れも付着しやすくなっています。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) エアコンクリーニングの知っておきたい知識。 All Rights Reserved.